本文へスキップ

ファーストシーン株式会社はご要望の業務用水中カメラを開発・製造いたします。

電話でのお問い合わせは06-6846-3987

メールでのお問い合わせはこちら

水中浮遊型水中カメラfloting camera-1200Tvl



潜水士を潜らさずに、この業務用水中カメラで簡単に海底(網の底)調査!
※1台のカメラを下向きに、3台のカメラを横向きに設置して、カメラより下方360度、一挙に調査。
※テグスなどでカメラの下にオモリを付け、海底(網の底)に沈ませると、浮力でテグスの分だけカメラが水中に浮
 かび、カメラり下方360度を一挙に調査ができ、調査時間を短縮することができる!
※LEDまたは赤外線ライトを選べる。録画機能付き。


スペック



✩ハイビジョン1280×960pixel高画質カメラ4台搭載、視野角120度。
✩4台同時録画機能。
✩16インチハイビジョンモニター。
✩モニター部も防水
✩白色LEDまたは赤外線ライト付き(スイッチON・OFFまたは調光式)。
✩コード100m付き。
✩カメラ部の上部に発泡スチロールを抱か、カメラに1~3m程度のテグスの下にオモリを付け海底 (網底)に投下すると、
 テグスの長さだけカメラ部が下向きに水中で浮き、カメラ部より下部360度を全て調査することができる。

その他、1台からオリジナルの業務用水中カメラを開発し製造致します。

養殖生簀などでの使い方



マグロ養殖生簀での、毎日の網底調査は大変な作業です。

この水中浮遊型水中カメラ「FlotingCamera-1200TVL」を

網底に沈めれば、潜水しなくても、船の上にいながら網底

を簡単に調査でき、危険な作業を軽減指すことができる。











養殖生簀内の魚の状態の調査に最適。

魚の餌の捕食状態の確認などでも活用できれる。













海洋土木や海洋調査で、潜水士が潜っていることは、危険との隣り合わせです。

水中浮遊型水中カメラ「FlotingCamera」に、軽いオモリを付け、水面に浮かせることで、水中すべてを監視することができ、潜水士の安全に役立ちます。

(視野角は360度ですが、水の濁り具合で、見える距離は変わります。

お問い合わせ


平日(9:00~18:00) 土・日・祝日 (休み)
                  担当:日夏 (ひなつ)
                  電話 06-6846-3987
                  hinatsu@f-scene.com

商品アイテム




















バナースペース

ショップ情報

ファーストシーン
株式会社

〒561-0801
大阪府豊中市曽根西町4-5-23
TEL.06-6846-3987
FAX.06-6846-5200
info@miruzoukun.com
→ショップ案内